ポイント2 ビスを使用しない固定方法
制御盤内で使用される数多くのビスを削減することで、ビス取り付け作業に必要となるスペースを削減することができます。

ビスを使った固定方法

配線にあたりビスを使った固定方法の場合、ビス締め作業のためのスペースを確保する必要があります。また、ビスの締め作業のおける作業ミスや、稼動中の振動による緩みの防止と定期的なビスの増し締め作業が必要です。



差込式による固定方法

ビスを不要とする差込式は、締め付け作業に必要なスペースを無くすことができます。また、ビスの締め忘れ、緩みによる接点不良をなくすことができ作業時間の短縮とトラブルの未然防止、そしてメンテナンスの省力化を図ることができます。



制御盤内で使用される数多くのビスを削減することで、ビス取り付け作業に必要となるスペースを削減することができます。

TOPへ